田中知之(開会式音楽)の経歴やwikiは?小山田圭吾の後釜で反社の噂は嘘!

スポンサーリンク

東京オリンピックの開会式音楽担当だった小山田圭吾さんが、障害者いじめの過去を告白し国内外で炎上して辞任し、

 

その小山田圭吾さんの代理として、東京オリンピックの代理の音楽担当を務めた田中知之(たなかともゆき)さん。

 

田中知之さんは個人で音楽活動をしている他、アーティストのプロデュースや、UNIQLOなど有名企業のCM音楽を作成するなど、日本の音楽に多く関わっている方なようです。

 

田中知之さんの経歴やプロフィールをはじめ、

反社会勢力と関係があるのではないか、と噂されている件など、気になったことを調べてみました!

 

スポンサーリンク

田中知之 プロフィール

 

引用:https://www.shipsltd.co.jp/shipsmag/things/2013spring-1345/

名前:田中知之(たなかともゆき)

職業:DJ・音楽プロデューサー

生年月日:1966年7月6日

出身地:京都府京都市上京区

出身校:龍谷大学法学部

 

スポンサーリンク

田中知之の経歴は?

 

田中知之さんの音楽活動が始まったのは高校生の時からで、初めはバンドをやっていたそうです。

 

一方で18歳の時に知人にDJを勧められ、DJとしての活動を始めます。

 

大学生時代はバンドとDJを両方やっており、大学在学中にバンドでデビューする話もあったそうですが、レコード会社が倒産して話が流れてしまい、結局大学卒業後は就職することになります。

 

就職してからはDJとして週1程度の活動だったそうですが、

次第に楽曲制作も始め、小西康陽の誘いを受けてデビューアルバムを制作し、そのアルバムが世界で有名になったことから、世界での活動を始めます。

 

後に活動拠点をアジアに戻し、田中知之さんのソロ・プロジェクトFantastic Plastic Machine(FPM)を展開しています。

 

多数の日本のアーティストのプロデュースも手掛けており、リミキサーとしても、布袋寅泰、UNICORN、くるり、サカナクション、Howie Bなど100曲以上の作品を手掛けているそうです。

 

「オースティン・パワーズ:デラックス」「SEX AND THE CITY」へも楽曲提供をしている他、

村上隆が手掛けたルイ・ヴィトンの短編アニメーションの楽曲制作、

そしてUNIQLOや資生堂、花王、全日本空輸、大塚製薬、フローフシなど有名企業のCM音楽も制作しています。

 

引用:wiki

 

田中知之さん自身の一般知名度はそこまで高くありませんが、このラインナップなら、誰もが一度は田中知之さんのCM音楽を聞いたことがあるのではないかと思いました。

 

今回小山田圭吾さんの後釜に田中知之さんが選ばれたのは、企業イメージを担うCM楽曲を数多く制作してきた、という実績があってのことだったのではないでしょうか。

 

田中知之の反社の噂も!

 

田中知之さんには反社会勢力との関係が噂されている、というニュースを見かけたので詳細を調べてみたところ…、

 

田中知之さんが反社会勢力のパーティでDJをしていたのではないか。という噂が上がったんですね。

 

これに対して田中知之さんは、

 

「現在、拡散されております”反社会勢力のパーティで田中知之がDJしていた”という写真や動画についてですが、これは完全な人違いです」と明言した。「田中知之は身長180cm以上ありますので、その点においても別人と判断できると思います」と指摘し、「誤った情報を拡散されぬよう、ご協力お願い申し上げます」と呼びかけた。

引用:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202107230000262.html

 

と完全否定されているようです。

 

問題となった画像はこちらで、赤い〇で囲った人物が田中知之さんではないかと噂されているようですね。

 

 

しかし田中知之さんは身長が180cm以上あるとのことなので、確かに画像の人物は明らかに身長低く、本当に人違いだったようですね。

 

小山田圭吾さんの前例があったためか、五輪に関わる人物に対して疑り深くなってしまった結果、このような噂が立ってしまったのでしょうか。

 

何にしろ、開会式直前に辞任した小山田圭吾さんに代わって音楽を制作なさったのは、大変なお役目だったと思うので、開会式に間に合って、無事開催されて良かったと思います。

スポンサーリンク