黒沢年雄が老害で炎上!ブログで紅白批判がヤバい!「最悪の歌番組」

スポンサーリンク

俳優の黒沢年雄さんが
自身のブログで2020年の紅白歌合戦を批判し
炎上しているという噂を聞きました。

 

黒沢年雄さんのブログを見てみると、

黒沢年雄さんは
紅白歌合戦2020を”最悪の歌番組”と
称しており、

紅白歌合戦が気に入らなかったようなのです。

 

どういうことなのか、
黒沢年雄さんの紅白炎上を
まとめてみました。

 

スポンサーリンク

黒沢年雄が紅白歌合戦2020を批判

 

黒沢年雄さんの
紅白歌合戦の批判は以下のような
感じです。

 

ブログをにて「年末の紅白歌合戦は理解に苦しむ最悪の歌番組だった…僕は」

その理由について「ただ騒ぎ立てふざけて進行する…他の歌番組も同じ構成」と説明した。

「それにしても殆ど知らない曲が大ヒット…(すいません…僕の勉強不足)」と自らの勉強不足も反省しながら「長い歌詞に大声で叫ぶだけで心に伝わってこない…」との思いを吐露。

「ヒット曲はその時代を反映し思い出に浸る…郷愁が全く無い…」ともつづり「やりきれない気持ちを持ちながらベッドに入った…時代遅れの自分に自問自答しながら…」と、自分も“時代遅れ”としながらも、今年の紅白への思いをつづっていた。

(出典:デイリースポーツ)

 

黒沢年雄さんは歳をとったことで
最近の音楽がわからなくなり、
紅白歌合戦を面白いと思えなかったという
ことなのでしょうか。

 

黒沢年雄さんがそう思ったことは別として
有名な俳優がブログでそういった書き方を
したことは、

紅白歌合戦に出演しているアーティストに
失礼に当たるのはないか?

という意見から、
黒沢年雄さんは炎上しているようです。

 

スポンサーリンク

黒沢年雄は老害?

 

黒沢年雄さんが老害という言葉で
批判を受けているようです。

 

老害とは

組織や社会で幅を利かせすぎて言動が疎まれる高齢者、あるいは、傍若無人な振る舞いによって若者に必要以上の負担や迷惑をかけている高齢者などを指す表現。ひらたく言えば迷惑な老人を侮蔑交じりに指す表現。
(出典:https://www.weblio.jp/content/老害)

 

黒沢年雄さんは
この意味通りに考えると
老害に当てはまるようですね。

 

音楽の話なので好みは様々ですが、

黒沢年雄さんの発言は
若者から支持されている音楽を
感性が優れている年長者、という目線で
悪く批評しているところが、

イタイ老人として批判されているのだと思います。

 

黒沢年雄さんは紅白歌合戦で
流れた音楽を「知らない曲ばかり」と
言っていますが、

スマホが普及してから
流行の形はテレビやラジオだけではなく
Youtubeやtiktokなどをはじめ
様々なジャンルや媒体に分散しているので
万人に共通する流行が減っていると思われます。

若者はそれを理解しているので
知らない音楽や好みじゃない音楽を
「自分とは違う、誰かの好きなものなんだ」
というように解釈しますが、

 

黒沢年雄さんは
今でも趣味や流行はテレビやラジオの世界
だけだと思っているのかもしれません。

 

自分が若かった時代の音楽が
恋しくなる気持ちはわかりますが、
ブログで批判コントを書いてしまうのは

老害だと思われてもしょうがないですよね。

 

黒沢年雄のブログの意図は?

 

黒沢年雄さんのブログをよく読むと、
デイリースポーツのニュースとはかなり違った
印象を受けます。

 

黒沢年雄さんは古いと捉えられる考え方で
ブログを書いていますが、

 

ブログタイトルは
「謹賀新年…時代遅れの僕。」

内容は

「”紅白歌合戦の音楽が理解できなかった”」
という自分は時代遅れなんだろうなぁ

という書き方で、

 

批判されるほどのものではないのでは、
と思いました。

 

誰でも年をとると、
「若い子の感性が理解できないな」
という経験はあるのではないでしょうか。

 

デイリースポーツの記事の書き方で
悪い書き方がされているだけで、

 

元の記事は
紅白の批判がメインではなく、
時代遅れな黒沢さん自身を憂う内容
であることがわかりました。

 

スポンサーリンク

黒沢年雄が紅白批判で炎上 まとめ

 

黒沢年雄さんの紅白批判の炎上まとめ!

 

黒沢年雄さんが
自身のブログに2020年の紅白歌合戦を
批判する内容を書き、
ニュースサイトが記事にしたことで
多くの人の目に触れ炎上。

黒沢年雄さんは老害と批判されており
若い価値観についていけず、
若者の音楽文化を批評しているため
老害という言葉の意味に当てはまる

黒沢年雄さんのブログの真意は
紅白の批判がメインではなく、
時代遅れな黒沢さん自身を憂う内容。

黒沢年雄さん的には、
便所の落書きのつもりで
書いたのではないかと思われますが、

大きく取り上げられてしまったことで
炎上したのは少し災難だと思いました。

 

以上のことがわかりました。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました!

スポンサードリンク